清流みずほ幼稚園 園紹介

清流みずほ幼稚園 園長挨拶

子どもは周囲の大人から認められ、愛されているという安心感を持てた時、はじめて自己を発揮し自立した生活に向かうことができます。 私たちは、1人ひとりの子どもをあるがままに認め、畏敬の念をもって受け入れることが大切だと考えています。 純真無垢な子どもたちを、大人の色に染めるのではなく、その子どもの本来持っている色を美しく輝かせてあげることこそ、 真の意味において、「育てる」ということだと考えます。

本来の自己を発揮し周りの大人の愛を感じ、温かいぬくもりの中で育った子どもは、将来において自らへの愛、他者に対して愛を与え、 他人を信じ、自分を信ずることができる大人に成長するのではないでしょうか?

清流みずほ幼稚園 園長 加納精一(大裕)

「自分」を持ち、自らの意思で「生きる」ことができる、そんな大人になることを願っています。 私たちは、現代社会が抱える教育問題を、あらゆる角度から研究し、子どもにとって良いと思われる本物の環境(人的・物的環境)を常に模索し、具現化しています。

将来を担う子どもたちが、未来にふさわしい成長を遂げられるよう、いつも子どもたちと保護者と共に歩み、これからも研鑚して参ります。

園長経歴

総純寺学園 理事長 加納 精一(大裕)

わかくさ第二幼稚園に勤務後、1991 ~ 1993 年ドイツヴィッテンシュタイナー幼稚園教員養成所にて学ぶ。

総純寺の住職でもある。

R. シュタイナー博士の教育理論に基づき日本の伝統・文化・風土、現状に呼応した「リーベリースタイル」の教育法を創案、実践。東海地区を中心に小学校での母親講座、大学や公立幼稚園他で講演、助産師、妊婦向けの講義など園外でも啓蒙に務める

内閣府子ども・子育て支援新制度
内閣府 子ども・子育て支援新制度を開きます

ページの先頭へ