清流みずほ幼稚園のこだわり

園の特色

お水 だしっぱなし もったいないよ!

自然豊かな地球環境に優しい幼稚園(環境配慮型エコ幼稚園)の環境教育は、日常生活の中で楽しく、継続的に行っています。
例えば、ゴミは紙と燃えるものに分別し、アルミ缶回収箱があります。未利用エネルギー(太陽、風、雨水等)の有効利用も図ります。 次の世代の人々や生き物が生きていけるような地球を残していけるよう、自然資源を利用した取り組みを日々行っています。

カエルさん、こんにちは!

「BIO(ビオ)」生きもの+「TOP(トープ)」場所=「地域の野生の生きものが暮らす場所」
清流みずほ幼稚園のビオトープは、雨水を有効利用して、見るだけでなく子どもの遊び場としても最高です。

風さん、頑張って電気作ってね!

風や太陽という自然エネルギーを利用して電気をおこします。 地球環境を守っていくために、自園の電気は自園でまかなっていけるよう努力しています。
自然の力を利用してエネルギーをつくっていくことが大切ですから、太陽発電、風力発電に対応できるに、 給食室もオール電化とし、配線も対応型の施工になっています。

風鈴って涼しそうな音するね!

暑い暑い日本の夏を少しでも過しやすいようにと昔の人が考えだした夏の風物詩の一つである風鈴。
それを環境問題を考える「エコまつり」において、親子で土に触れ、丁寧に練って形を作り、蒲生の窯で焼き上げます。
昔ながらの知恵から学ぶことは多くあります。子どもたちに伝えたい日本の伝統です。

また土になって野菜になってね!

生ゴミの有効利用は、単に土壌に戻すことだけではありません。 生ゴミ堆肥でつくった作物を私たちが食べると循環系をつくっています。 環境を守るためにリサイクルすることは、幼稚園では当たり前に日常行われています。

内閣府子ども・子育て支援新制度
内閣府 子ども・子育て支援新制度を開きます

ページの先頭へ